キャッシングを利用する為のカードローン審査比較サイト

最終更新日:2017年10月22日

東京スター銀行カードローン

東京スター銀行のおまとめローンの特徴

最近、テレビで時々東京スター銀行のCMが流れていますが、案内している商品は「おまとめローン」です。現在ではおまとめローンというと消費者金融の扱いが多くなっていますが、おまとめローンの老舗といえるのは東京スター銀行です。

金利は5.8~14.8%とメガバンク並みになっており、消費者金融と比べるとだいぶお得です。そして、東京スター銀行のおまとめローンの最も大きな特徴が預金連動型の金利であり、東京スター銀行の口座に預金があればあるほど、その金額分だけおまとめローンの利息の負担が減るようになっています。例えば、口座に100万円の預金があると、おまとめローンから100万円の借入をしても金利が掛かりません。300万円を借りた場合は預金分の100万円を引いた200万円に対してのみ金利が掛かります。このようなサービスを展開しているのは東京スター銀行だけです。

そして、おまとめローンというと通常は返済専用の証書貸付であり、追加の借入はできませんが、東京スター銀行のおまとめローンは追加の借入が可能になっています。追加借入が可能になっている理由は、おまとめローンの契約時に「借入限度額」と「利用限度額」という2つの限度額を設定しているからです。借入限度額というのは借り換えのための限度額のことであり、他のカードローンからの借入金を返済するための金額です。一方、利用限度額は追加の借入における利用可能な上限金額のことです。

ところで、追加の借入ができるとはいっても無条件でできるわけではなく、おまとめローンの借入残高が利用限度額を下回った時点で利用可能となります。例えば、利用限度額が100万円に設定されていた場合に、おまとめローンの借入残高が80万円までに減ると、利用限度額の100万円の範囲内に入るため、20万円の借入ができるようになります。

なお、東京スター銀行のおまとめローンの返済方式は一般的な元利定額方式ではなく元金定額方式になっているため、支払いを重ねるごとに返済額が少なくなっていきます。当初の返済額は多くなりますが、最終的な利息総額が少なるというメリットがあります。