キャッシングを利用する為のカードローン審査比較サイト

最終更新日:2018年01月24日

カードローンの審査に通るための4つの方策

お金が必要になったとき、カードローンを利用することができれば強い味方になってくれます。

カードローンは無担保で保証人が必要ありませんが、カードローンを提供する金融機関の審査に通らなくてはお金を借りることはできません。それぞれの金融機関によって審査基準は違っていますし、金融機関は審査基準を公開していませんから、確実に審査が通る方法は知ることは不可能と言えます。

しかし、これまでの金融機関の審査状況を精査することによってどのようにすればカードローンの審査に通りやすいのかはある程度は推測することができます。カードローン全般的に審査に通るための4つのポイントがあります。

一つ目は他の金融機関からの借入件数を少なくすることです。他の金融機関からの借入がない人は問題がありませんが、他の金融機関からの借入件数が多ければ多いほど審査に通りにくくなってきます。もし、完済してしまえる借入があるならば、早期に完済してからカードローンに申し込みをしましょう。

二つ目は申し込みの情報は正確に記入することです。当たり前のことですが、ウソや虚偽を書いたところで調査のプロが関わっていますから、すぐにわかってしまいます。ウソや虚偽が書いてあることがわかれば確実に審査は通りません。ウソや虚偽の情報を書くつもりがなかったとして、間違えて書いてもそれが間違いかどうかは審査する方は判断することができませんから、ウソや虚偽と同じ扱いになるのです。

三つ目は審査に通りやすい金融機関を選ぶことです。金融機関によって審査基準は違っていますから、ある金融機関の審査に通らなくても他の金融機関の審査には通るということもすくなくありません。あらかじめ金融機関の公式サイトのある簡易審査などで審査に通るかどうかを見て、審査に通りそうな金融機関を優先して申し込むという方法もあります。

最後にカードローンには短期間に複数の金融機関に申し込まないということです。審査に自信がないとなると、たくさんの申し込みをすることで、どれかの金融機関の審査に通るかもしれないと考えることがあるかもしれません。

しかし、これは最悪の手であると意識すべきです。金融機関にカードローンの申し込みをすれば、申し込み履歴が残り短期間の申し込み履歴があるとカードローンの審査にはまず通らなくなってしまうからです。焦る気持ちはわからないではありませんが、申し込みは一社ずつにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です