キャッシングを利用する為のカードローン審査比較サイト

最終更新日:2017年12月17日

カードローン審査において注意すべきチェックポイントとは?

急にお金が必要になったにもかかわらず、手持ちの現金があまりない場合は、借り入れ、つまり、カードローンによって急場をしのぐ方が多いと思います。

ただし、カードローン契約を締結して、いつでも借り入れができる状態にしておくためには、貸主となる消費者金融会社や銀行などのカードローン審査を通過し、一定の枠内で借り入れができる状態を作っておく必要があります。ただし、たとえば年収300万円の人がカードローンで年収を大きく上回る1,000万円を借りることは難しいように、カードローンの審査においては注意すべきいくつかのチェックポイントがあります。

まず、カードローンと一言で表現しても、消費者金融系のカードローンと、銀行系のカードローンに大きく分けることができます。消費者金融系のカードローンは、審査が比較的甘めで、即日借り入れをすることができる場合もあります。それに対して、銀行系のカードローンは、最近ではかなり簡素化してきましたが、それでも実際に借り入れを行うまでにはだいたい1週間から3週間程度の時間を必要とする場合がほとんどです。

カードローン審査で注意すべき最大のポイントは、ウソをつかないということです。貸主である消費者金融会社の審査担当者や、メガバンクのカードローン担当者などは、与信(その人にどれくらいお金を貸すことができるか)をチェックするプロですので、あらゆる情報を聞き出そうとします。そのとき、借り主が少しでも自分に都合のいいようにウソをついてしまうと、その時点でカードローン契約ができなくなるほどの悪影響があります。とにかく、全ての質問に対して正直に答えることによって、担当者との信頼関係を構築することが重要でしょう。

次に、カードローン審査を受ける際には、必要資料をしっかりと用意することが重要です。一般的には、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類、また、印鑑などの契約締結に必要なものをしっかりと事前に準備をすることによって、スムーズにカードローン審査を受けることができます。

現在では、インターネットを通じてカードローンを申し込むことが可能となっている金融機関がほとんどであり、たとえば、メガバンクの口座を保有している場合には、すぐにカードローン契約を締結することができます。ただ、やはり多くの場合は、窓口においてカードローン契約を申し込むことになると思いますので、その際にはしっかりと資料を揃えていることが重要となります。

このように、カードローン契約を締結するにあたっては、カードローン審査をしっかりとクリアする必要がありますが、現在の自らの収入などの客観的事実を正確に報告さえすれば、その時点で借り入れをすることができる金額(自分の経済状態に見合った金額)で契約を締結することは十分可能です。積極ミスをすることなく、一つ一つのプロセスを着実に踏んでいくことが大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です