キャッシングを利用する為のカードローン審査比較サイト

最終更新日:2017年12月17日

カードローン審査に有利なポイントと不利なポイントとは?

カードローン審査を行う際、必ず有利だと言えるポイントと不利だと言えるポイントが存在します。

まず。有利だと言えるポイントは、勤務先。特に公務員や大企業と言われる企業に勤務している場合、信頼性が高いと言う事で、カードローン審査の際に有利に働くと言われています。それと同時に重視されるのが勤続年数です。勤続年数が長ければ長いほど信用する事ができると言う事で、審査の際に有利だと言われています。反対に勤続年数が短い、又は、条件に満たない場合は、審査を通過する事が難しくなってきます。その為、最低でも半年以上、1年以上の勤務年数が必要です。

その他、安定した収入も非常に大切なポイントです。その安定した年収の基準となるのが年収200万円以上と言われており、200万円以上の年収がある場合は、審査において、さほど心配する必要はないかと思います。反対に200万円以下の場合は、利用限度額を控えめに設定し、審査を通りやすいようにしておく事も大切です。

この利用限度額においては、審査の際に重要なポイントになる場合が多い為、特に注意が必要になります。

利用限度額を収入に見合わない額で設定した場合、審査を通過する事はできなくなってきます。また、多ければ多いほど良いだろうと安易な考えで、利用限度額を大きくしてしまった場合、結果、返済する事ができず、苦労すると言った事も十分に考えられるのです。その為、利用限度額を設定する際は、審査に通りやすい額を設定するほか、実際、自分が本当に必要な額なのか考え、借り過ぎに注意した金額設定も必要になってきます。

その他、ちょっとしたことでも、審査の際に有利、不利に働く場合があります。例えば、電話の登録において、固定電話にするのか?携帯電話にするのか?で違ってくるとも言われています。その為、固定電話がある場合は、必ず固定電話を明記し、少しでも審査を有利にする事をお勧めします。同じように賃貸か持ち家かでも有利、不利があるようです。この場合、賃貸の人が持ち家を明記する事は出来ないかと思いますが、実家がある場合などは、もし、審査が心配な場合、実家を明記すると言った選択肢も考えなければいけません。

以上に様な事が一般的にカードローン審査において、有利、不利に働く内容と言われています。その為、自分自身が、どれにあたるか確認した上で、少しでも審査に有利に働く事ができるよう注意していく事も重要だと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です